Home » モデルプラン/持ち物

モデルプラン/持ち物

*日本〜セドナ〜日本までの流れをシュミレーション!


日本でのステップ

  1. 日本から問い合わせ、セドナクエストとやり取りをする。ツアーを申し込む。
  2. 航空券&宿を予約する/航空券検索サイトを利用→セドナについての「セドナまでの航空券」参照/宿を個人手配する方は、その他のサービスの「宿泊先の紹介」使うか、個人で宿を予約。
  3. エスタを申し込む。→エスタ申請
  4. 海外旅行保険を申し込む。
  5. フェニックス空港ーセドナ間の移動を申し込む。送迎またはシャトルバスを予約。→その他のサービスを利用。
  6. 旅行の荷物をまとめる。

モデルプラン In セドナ(4泊5日)

1日目

  • 日本出発ーフェニックス空港到着。送迎またはシャトルバスでセドナ到着。予約した宿へ。
  • 自由時間/ゆったり時間/夕日ツアーまたは個人で、夕日鑑賞

2-3日目

  • セドナ一日ツアーに参加
  • グランドキャニオン、またはアンテロープへ遠出の一日ツアー

4日目

  • 午前中:半日ツアーに参加
  • 午後:自由時間:ショッピング/マッサージ/セッションを受ける。(通訳サービスを利用)
  • 夕方〜星空ツアー、ドラムサークル、またはスウェットロッジ体験

 5日目

  • サンライズハイキングツアーに参加。
  • セドナからフェニックス空港に向けて出発。
  • 思い出を胸に日本帰国。

何日いても、飽きる事無く楽しめるセドナ。ここでは4泊5日プランをモデルプランとして紹介しました。滞在期間が充実した物になるよう、心を込めてサポート致します。長期滞在の方も、どうぞご相談下さい。


*持ち物チェックリスト*

四季のあるセドナ。夏はとても暑く、冬は雪も降る程寒くなります。ただ、冬でも日中は日差しが強いので、日焼け対策はお忘れなく。大事な持ち物、あると便利な持ち物、基本の持ち物を紹介していますので、荷物をまとめる際にご活用下さい。

*大事な持ち物

  • 帽子
  • スニーカーやハイキングシューズ。履き慣れた歩きやすいもの
  • 両手が空くバックパックやリュックサック
  • サングラス
  • 日焼け止め

*あると便利な持ち物

  • 雨具(小雨でもツアーは行います。ツアー中の急な雨に備えて)
  • リップクリーム(唇も日焼けします)
  • 滑り止め付きの軍手
  • 春〜秋(4月〜10月)日焼け対策と室内の冷房用に、薄手の長袖やショール
  • 冬(11月〜3月)ダウンジャケット/手袋/ニット帽/マフラー等。しっかりした防寒具
  • パワーストーンや大事なお守りなど

*基本の持ち物

  • パスポート
  • 現金(日本円とUSドル)
  • クレジットカード(キャッシング機能が付いていると、ATMで現金が引き出せます。)
  • カメラ、携帯電話、充電器などの電子機器
  • 航空券、またはEチケット控え
  • ESTA渡航認証のコピー、または申請番号
  • 海外旅行保険証
  • ガイドブック