Home » Uncategorized » #2 セドナに呼ばれる

#2 セドナに呼ばれる

妖精の谷

妖精の谷

 セドナを訪れる人々や、住んでいる人々の多くは、「セドナに呼ばれた」と言います。セドナに呼ばれるってどう言う事でしょう? 私が始めてセドナに来たきっかけは、小さなカフェから始まりました。

 夏の暑い日、地元の山形の小さなカフェで1人、自分のこれからの道を静かに考えていました。「次はどこに行こうかな。シングルだし、来月は私の誕生日。したい事はいっぱいあるのに、なぜか一歩踏み出せない」そんな気持ちでふらっとカフェに入った日でした。ランチの時間をだいぶ過ぎた平日の午後、お客さんは私1人。そこには沢山の旅行本が置いてありました。 沢山あった本の中から何気なく一冊の本を手に取ると、それはセドナの雄大な景色の写真集。一枚一枚が本当に素晴らしい景色で、私はまだ訪れた事もないセドナに恋をし、「今年の誕生日は、このセドナで過ごす!」と一瞬で決めました。それから、セドナまでの旅の準備に大忙し。北米、アメリカ本土、中米を回る旅を計画し、自分の誕生日をセドナに合わせ、そこから前後の旅をアレンジしました。

 結果的に誕生日は、ウーフィング(WWOOF)をしていた場所で迎える事になったのですが、そのお陰で、現在のパートナーSKYに出会う事ができました。誕生日の次の日からセドナへ。有名な場所には全く行かず、(ボルテックスと言う言葉すら知らず!)キャンプや、オーククリークで泳いで過ごしました。

1ヶ所だけハイキングに行ったのが、妖精の谷でした。本当に感動しました。セドナで約1週間過ごした後、2ヶ月間、メキシコ、中米の一人旅を続けました。そして2ヶ月後、私はすでに取っていた飛行機のチケットを捨てて、セドナに戻って来る事になるのです。私のセドナの旅は最高の物になりました。沢山の人に出会い、大事なパートナーに出会い、人生を180度変える旅になりました。セドナに呼ばれて、それに答え、セドナ来て本当に良かった。自分の心に従って良かった。

 セドナを案内している間も、「セドナに呼ばれた気がして来ました」と言う方に沢山出会いました。何かを求めて、それが何かわからないままセドナに来る方もいらっしゃいます。もし、セドナがあなたを呼んでいると感じたら、その導きに沿ってみて下さい。私達は全力で皆様をサポート致します。

Leave a Reply